ようこそ本荘教会へ

日本基督教団

本荘教会

「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。」

(マタイによる福音書11章28節)

「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」

(ヨハネによる福音書3章16節)

教会の歴史

1887年(明治20年)4月10日

「本荘基督教会」として設立

本荘教会は、1887年(明治20年) 4月10日に「本荘基督教会」として設立された
プロテスタント・キリスト教会です。
その3年前には、アメリカのディサイプルス派の宣教師Ⅽ・E・ガルストがこの地に宣教し、1900年代初めまで多くの宣教師たちの献身によって礼拝が守り続けられました。

1887年(明治20年)4月10日

1941年

「日本基督教団 本荘教会」

1941年の日本基督教団創立時に「日本基督教団 本荘教会」となって、現在に至ります。現在も、ディサイプルスの伝統に立ち、この地で宣教活動を行っています。

1941年
集会案内

毎週日曜日:午前10時30分より。
毎月第1主日(第1日曜日)と第3主日(第3日曜日)には、聖餐式を執り行います。

毎週日曜日:午前9時~10時10分。
午前9時~9時40分まで「分級」を行い、午前9時40分~10時10分まで「礼拝」を守ります。また、夏には夏期学校、冬にはクリスマスの中でページェントを行います。

毎週水曜日:午前10時15分~12時。
主に旧約聖書について学び、教会の活動のために祈り、また、とりなしの祈りを合せます。現在は詩編を学んでいます。

毎月第4日曜日:午前11時半~12時半。テキストによって学んでいます。

毎月第3主日(第3日曜日)礼拝後に行います。
現在は使徒言行録について学び、教会行事の奉仕などについて話し合います。

毎月第3主日(第3日曜日)礼拝後に行います。

2022年09月の説教題

9月4日(日)

説教題 :「聞き入れられた祈り」

ヨハネの手紙1、5章13~17節 

讃美歌17、293、308
交読文4(詩編16編)
招詞:詩編34編18節

CS:シケムの契約
ヨシュア記24章11~18節
分級 「出エジプト~紅海を渡る~」

9月11日(日)

説教題 :「敵を愛される方」

サムエル記上24章17~23節 

讃美歌18、138、401
交読文39(イザヤ書53章)
招詞:詩編34編18節

CS:ギデオンの戦い
士師記7章1~7節
分級 「出エジプト~紅海を渡る~」

9月18日(日)

説教題 :「雲の柱、火の柱」

民数記9章15~23節 

讃美歌19、25、294
交読文29(詩編121編)
招詞:詩編34編18節

CS:ナジル人怪力サムソン
士師記16章23~31節
分級 「出エジプト~紅海を渡る~」

9月25日(日)

説教題 :「エデンの園」

創世記2章4~25節

讃美歌20、228、355
交読文46(黙示録21章)
招詞:詩編34編18節

CS:ルツの民と神
ルツ記1章11~19a節
分級 「出エジプト~紅海を渡る~」

教会へのアクセス

※わたしたちの教会は、「エホバの証人(ものみの塔)や、モルモン教、また、統一教会(統一協会)とは、一切関係がありません。」

Total Page Visits: 14066
Scroll to Top